2019.06.05 2nd EP “Body” on FLAKE SOUNDS

94-cd-cover-mockup-1.png
 

Track List

01. Lumen

02. BodyFeel

03. Gum

04. Summer Child

05. Custard

06. Suisei

 
 

Masamichi Kubota - Drums/ Percussion (Support)

Yui Kimijima(Tsubame Studio) - Recording & Mixing
Pete Maher - Mastering

Akihiko Taniguchi - Director (“Gum“Music Video)

 
 
FLAKE独占特典は100mmx100mmのレインボーキラキラシール(画像イメージ)

FLAKE独占特典は100mmx100mmのレインボーキラキラシール(画像イメージ)

 
 
 

Tower Records

Amazon

Disk Union

HMV

Apple Music, Spotify, Google Play, etc.

 
 

LINER

“Body”の由来はよく知らない。Vo.JCが持ってきた案でいつのまにかなんとなく決まっていた。意味や由来はあったのかもしれないがJCに限らず、んoonの中では言葉の意図や意味に関して、深く追求も説明もしないのがいつからかのルールになっている。“Body”という言葉を初めて聞いたとき、このEPがなんとなくボディっぽいし、ボディっぽい何かがあってもいいなーくらいの予感がある雰囲気だったことは覚えている。

ちなみにこのように同意とも反対ともないままに物事が進んでいくのはバンドとして良くないような気もするのだけど、なぜだか今のところんoonはうまくいっている。だから、さしあたりんoonにおいて“Body”とは、映画でいうところの「マクガフィン」なのだろう。いや、もっとイメージを限定するなら、映画『パルプ・フィクション』(1994)でギャングのヴィンセント(ジョン・トラボルタ)とジュールス(サミュエル・L・ジャクソン)が「ブツ」と呼ぶアタッシュケースなのだろう。

作中では「ブツ」=アタッシュケースの中身は最後まで明かされない。それが何であるかという暗示もない。映画はシンプルに「ブツ」を巡って、筋や意味のあるようなないような物語の断片が時系列もバラバラに展開されていくだけである。物語中盤には「ブツ」すらよくわからなくなるような気配さえある。んoonにおいても「ブツ」=”Body”を定義することや、その中身を議論するようなことは結局一度も起こらなかった。

シンプルに曲を作り、曲順を考え、アートワークを考え、MVをどうしようかとみんなで考えた。”Body”を巡り、繋がりがあるようなないような、意味がありそうでなさそうな、深読みできそうでできなさそうな、なんとも不思議なものが展開され、最終的に作品として出来上がった。

話は変わるが、昨年あたりから自分たちのことを「ギターレス」と表される文章を幾度か見た。この表現は自分たちが意識していなかった自分たち、そして自分たちの置かれているコンテクストを確認するのにうってつけのコピーだった。んoonにはギターがいない。脱退したわけでもなく、まだ見つかっていないわけでもない。今までも、そしておそらくはこれからもギターはいないのである。一方で、んoonにはギターだけじゃなくビリンバウやトンコリやシタール、バイオリンもいない。こちらも、たぶんこれからもずっと。今んoonがいるコンテクストの中では、シタールやトンコリはともかく「ギター」のいないバンドは「レス」の注釈が必要なほど畸形“Body”に見えるのだという風に理解している。

他方、「レス」とつく言葉は、往々にしてついた言葉への希求が含まれる(と思っている。トップレス、ホームレス、セックスレス、ラブレス…)。んoonはギターの奏法、音域、スター性にいたるまで、みんなで分担し、今日も存在しないギターを代補しながら音楽する。だから、んoonはギターを希求していると同時に、ギターが不要なのである。

ある時「それだとアンサンブルが崩壊するよ」と指摘されたことがある。

言葉の意図を汲み取るよりも先に「崩壊したアンサンブル」という言葉が想起させる未知の響きに、激しく興奮したことを覚えている。んoonでそんな演奏ができたらどれだけ素晴らしいだろうか。

ちなみに、前述の『パルプ・フィクション』では、ヴィンセントが「ブツ」を確認しようとアタッシュケースをパカっと開けると、中からまばゆい光が溢れてくる。咥えタバコであっけにとられているヴィンセントにジュールスは2度「ハッピーか?」と訊ねる。ヴィンセントは少し間を開けて「ハッピーだよ」と答えている。 (文・んoon Bass 積島直人)

 
 
TopnewsYuko Uesu